教養・歴史アートな時間

映画 喜望峰の風に乗せて 無謀な挑戦が悲劇的最期を招く 世界一周ヨットレースを映画化=勝田友巳

    (c)STUDIOCANAL S.A.S 2017
    (c)STUDIOCANAL S.A.S 2017

     1968年、英国の新聞社が、ヨットによる無寄港単独世界一周航海レースを開催した。成功すれば前人未到の快挙、巨額の賞金もかけられた。英国人実業家クローハーストは趣味でヨットを操るだけの素人だったが、経営危機の会社と家族を救うため、このレースに名乗りを上げる。実話の映画化である。

     大海原に一人挑む男、といえばカッコよく、苦難を乗り越えて優勝でもしたなら感動の物語。だが、クローハーストはヒーローとはほど遠い。ゴールどころかとんでもないウソをつき、悲劇的な最期を迎えることになる。事のてん末を見れば、無謀な挑戦の揚げ句に自滅した、哀れな道化の一代記になりかねない。

     しかしクローハーストを演じたのはコリン・ファース、映画「英国王のスピーチ」でジョージ6世を演じてオスカーを受賞した当代一の上手だ。実在の人物をのみ込んで、同情と共感を禁じ得ない男を造形した。海洋冒険ドラマのカタルシスを期待したら失望するが、人生のままならなさと悲哀はしみじみと味わえる。

     クローハーストの挑戦は、始まる前から問題だらけ。自作ヨット建造は思うように進まず、出航予定は遅れに遅れる。一方で、広報に雇ったジャーナリスト、ホールワース(デヴィッド・シューリス)のおかげで「素人ヨットマンの挑戦」は大いに盛り上がり、メディアの注目の的。

     しかし出発期限を迎えてもヨットは未完成。棄権すれば世間に顔向けできないし、事業も家族の住む家も失ってしまうと、クローハーストはいやいや船出する。案の定、ヨットは漏水、機器の故障、悪天候と災厄に見舞われ、たちまち後れを取る。むちゃなレースは棄権して家族の元に帰りたいのに、今さら引き返せない。思いあまったクローハーストは航海記録をねつ造し、飛ぶような速さで進んでいるとニセの報告を始める。

     どうしてそんなバカなことを、ウソは必ずばれるのに。傍(かたわ)らから見ればそう思う。しかしファースはヨットの中での独り芝居で、誠実で情熱的な良き父親だったクローハーストの、焦りが絶望に変わる様子を繊細に示す。過ちを犯す瞬間も、ほかに方法がなかったと思わせてしまう。自らを窮地に追いこむ愚かさを、笑えないのだ。孤独と周囲の期待に追い詰められ、家族と世間を欺く罪悪感にさいなまれるクローハーストの心境が、切なくも痛々しく胸を突く。

     ファースの顔に刻まれたシワや無精ヒゲから、ロマンと自尊心と羞恥、家族への愛と責任感と、あらゆる情感が漂ってくる。ロマンチックな邦題に惑わされではいけない。

    (勝田友巳・毎日新聞学芸部)

    監督 ジェームズ・マーシュ

    出演 コリン・ファース、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・シューリス

    原題 The Mercy

    2018年 英国

    TOHOシネマズシャンテほかで公開中

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月29日号

    負けない投資信託201916 相関低い資産を組み合わせ 「リスク管理型」も選択肢 ■篠田 尚子好成績投信2社に聞く「顧客本位」の本質20 インタビュー コモンズ投信社長 伊井 哲朗 「長期運用にコミット、とにかく情報開示」21        セゾン投信社長 中野 晴啓 「『買って持ち続ける』ため直販 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット