国際・政治

台湾 人気の新作ゲームに中国が激怒したワケ=田中淳

    サイコホラーゲーム『環顧DEVOTION』を紹介するサイト
    サイコホラーゲーム『環顧DEVOTION』を紹介するサイト

     配信6日目にして世界で100万本超を売った台湾の新作ゲームが闇に葬られようとしている。「習近平国家主席をちゃかした」と怒り狂う中国人ゲーマーたちの攻撃にさらされたからだ。

     問題となったのは、2月19日に配信されたオンラインのサイコホラーアドベンチャーゲーム「還願 (ディヴォーション)」。台北のアパートを舞台に、幸福な家族が難病やカルトに巻き込まれ崩壊していく悲劇を描く。実写かと見まがうほど緻密(ちみつ)な背景美術は欧米の専門家も絶賛。湿度の高い生々しさと生活感がホラーを展開する下地として生きている。

     だが中国人ゲーマーは、背景に描かれた1枚の魔よけ札を見逃さなかった。札に中国語で記された11字を組み直すと「クマのプーさん習近平のクソッたれ!」というメッセージになるのだ。

     習氏は2013年、初訪米した際にオバマ大統領と並んだ姿が「アニメのプーさんと(虎の)ティガーにそっくり」と話題になり、ネットスラングで「小熊維尼(クマのプーさん)」と呼ばれるようになった。だが国家指導者の威厳を損ねると感じた中国政府は「小熊維尼」という単語自体を検索不可にする。中国では今もプーさんそのものがタブー扱いだ。

    「台湾が中国をバカにした」という政治的な感情も相まって、批判は燎原(りょうげん)の火のごとく拡散。中国市場を重視する配信元は「還願」の取り扱いを中止した。あの国では、たかがプーさんされどプーさんなのだ。

    (田中淳・台湾在住編集者)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事