国際・政治注目の特集

中国の「一帯一路」 イタリアが協力合意 欧州14カ国に拡大=田中理

    欧州で強まる中国の影響力
    欧州で強まる中国の影響力

     中国の習近平国家主席とイタリアのコンテ首相は3月23日、広域経済圏構想「一帯一路」の協力に関する覚書を締結し、トリエステとジェノバの港湾などインフラ整備やエネルギー分野での幅広い協力で合意した。

     欧州連合(EU)加盟国ではすでに、南欧や中東欧を中心に13カ国が同構想への参加を正式に表明している(地図)。こうした国々では中国との関係強化や出資拡大を歓迎する声が多い。先進7カ国(G7)の一員で、EUの中核国であるイタリアをその輪に加え、地中海周辺地域でのさらなる影響力拡大や米国主導の対中包囲網に楔(くさび)を打ち込む中国の狙いも透けて見える。

     欧州では近年、中国企業の戦略企業買収による技術流出への警戒や、中国の不公正な商慣行を問題視する声が高まっている。2016年に産業用ロボット欧州最大手のKUKA(クーカ)を中国企業が買収。同社はドイツが国を挙げて推進する「インダストリー4・0」(第4次産業革命)にも参画する企業で、ドイツやEUの関係者に衝撃が走った。

    残り645文字(全文1077文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事