国際・政治ワールドウオッチ

オーストラリア ビール戦争第2幕が勃発=守屋太郎

    酒販店ではクラフトビールの存在感が強まっている(筆者撮影)
    酒販店ではクラフトビールの存在感が強まっている(筆者撮影)

     アサヒグループホールディングスが豪ビール最大手、カールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズ(CUB)を約1兆2000億円で買収すると発表した。当局が承認すれば、日本企業の対豪M&A(合併と買収)で史上最大。キリンホールディングスが2009年に完全子会社化した同業2位ライオンネイサンと合わせ、日系2社が豪市場の約9割を寡占する。

     ビールは豪州の「国民酒」だが、買収への抵抗感は皆無だ。豪ビール業界は合従連衡を経て2社に集約。CU…

    残り296文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット