経済・企業注目の特集

キリンとアサヒ次期社長 両候補にP&G出身者

     キリンビールとアサヒビールの次期社長候補が、ともに「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)ジャパン出身」として注目されている。キリンの候補は、常務執行役員マーケティング部長の山形光晴氏だ。P&Gジャパンから2015年、キリンビバレッジのマーケティング部長に就き、17年からキリンビールに移った。

    「コク」や「キレ」といった業界の定番表現を改めて新風をもたらし、第3のビール「本麒麟」をヒットさせたことで知られる。早ければ来年にも、布施孝之社長の後任として大抜擢される可能性もゼロではない。

     一方、ライバルのアサヒは18年9月、サトーホールディングス前社長の松山一雄氏を招聘(しょうへい)した。現在、専務取締役マーケティング本部長を務める松山氏は過去、留学後にP&Gジャパンに在籍した時期がある。抜群の語学力も、海外で巨額買収が相次ぐアサヒの次代を担ううえではうってつけだ。

     アサヒは現在、「スーパードライ」が低迷気味だが、ここで松山氏がテコ入れを成功させれば、こちらも2年後に塩沢賢一社長=写真=の後任として「松山社長」誕生もあり得る。

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事