週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第84話 クラリッジス=板谷敏彦

    (前号まで)

     鴨緑江会戦勝利によって事態が好転する。ヤコブ・シフが是清に接触、500万ポンド分の日本公債の販売を引き受けるという。発行額はたちまち1000万ポンドになった。

     明治37(1904)年5月9日、パース銀行のアレキサンダー・シャンドがいつものように是清たちのホテルを訪ねてきてこう言った。

    「高橋さん、クーン・ローブ商会のヤコブ・シフさんが是非あなたに直接お会いしたいそうです。今から私と一緒に行きませんか?」

     是清は日本公債を500万ポンドも引き受けてくれたシフにはとても感謝している。しかしどうも水面下で話が進み、公債の発行体である是清、つまり日本政府を抜きにして、クーン・ローブ商会の参加をシティーの業者たちだけで決めたことに少なからず不快感を抱いていた。

    残り2452文字(全文2787文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット