週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第85話 遼東半島=板谷敏彦

    (前号まで)

     日露開戦後、ロンドンで日本公債発行に奔走する是清。鴨緑江会戦での勝利で一気に事態が好転する。米国投資家も加わり、1000万ポンドの公債発行を成功させた。

     明治37(1904)年5月、是清たちが初のポンド建て戦時公債の発行に成功した頃、極東の戦場では戦いが粛々と進行していた。

     まず日本海軍は、ロシア太平洋艦隊の活動を封じるため、開戦直後の2月14日の第1次旅順港閉塞(へいそく)作戦以来、旅順港入り口の狭い箇所に古船を沈めて航行不能を試みていたが、ロシア側の砲撃によって作戦は困難を極めた。

     第2次が3月27日で、広瀬武夫中佐戦死で有名なこの作戦が失敗に終わった後、日本海軍は想定される航路に機雷を大量に敷設してロシア艦隊の封鎖を試みた。

    残り2181文字(全文2507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット