経済・企業地銀の悲鳴

ROA 島根などマイナスが3行=編集部

     <2020年3月期 全102行ランキング>

     ROA(総資産利益率)は、資産全体を使ってどれだけ効率的に利益を生み出しているかを測る指標で、「稼ぐ力」を示している。銀行の本業のもうけを示すコア業務純益(投資信託解約損益除く)を総資産で割ってROAを算出した。スルガ銀行は投資用不動産向け融資で高い収益性を示すが、不正融資が発覚して足元が揺らぐ。ROAがマイナスの銀行が3行あり、コア業務純益(投信解約損益除く)が赤字の厳しい状況に陥っている。中でも、島根銀行は貸し出しなど本業から得られる業務粗利益を、人件費などの経費が上回っている。(地銀の悲鳴)

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

    (編集部)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事