国際・政治ワールドウオッチ

インド 新興企業、大量解雇へ=天野友紀子

    封鎖中、人々の生活を支えた「ゾマト」の宅配員 NNA撮影
    封鎖中、人々の生活を支えた「ゾマト」の宅配員 NNA撮影

     新型コロナウイルス対策の全土封鎖の長期化で、大手新興企業の苦難が増している。5月のインド・ソフトウエア・サービス協会の報告書では、国内の技術系スタートアップ企業の収入は90%減。34%の企業は収入の減少幅が8割を超えた。

     食事宅配企業「スウィッギー」と「ゾマト」、配車サービス企業「オラ」の地場ユニコーン(高企業価値の新興企業)3社は生き残りをかけ5月、大規模な人員削減を発表した。スウィッギーとオラはそれぞれ1000人以上を解雇。ゾマトは全従業員の最大13%を削減するという。

     ベンチャーキャピタルであるリブライトパートナーズ(シンガポール拠点)のゼネラルパートナー、ブリジ・バシン氏は「事業を急拡大してきた分、新興各社は環境の変化に応じた人員規模の最適化を迫られている。会社の存続のためだ」と話す。

     一方で各社では、需要の変化をにらんだ新たなサービスが次々と生まれている。スウィッギーやゾマトは酒類の宅配を開始。オラは、短期間の自動車リースなどを検討中。バシン氏は「新興企業には困難を技術で克服する力がある。この動きは最終的には業界に利益をもたらすはず」と期待する。

    (天野友紀子・NNAインド版記者)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事