週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第108話 1907年恐慌=板谷敏彦

    (前号まで)

     欧米巨大資本の力を知る是清にとって、南満州鉄道をめぐる日米シンジケートの破約は無念であった。日本は必ず後悔するとハリマンは警告する。

     明治39(1906)年9月、エドワード・ハリマンの事務所を後にした是清は、その足でクーン・ローブ商会のヤコブ・シフの自宅を訪ねた。

     シフには是清の長女和喜子をホームステイに託してアメリカでの教育をお願いしている。是清は数カ月ぶりで和喜子に会った。思いのほか元気で驚いた。

    「シフさん、昨年出した整理公債5億円の残りの2億5000万円分、つまり第6回の公債発行についてですが、ご協力いただけないでしょうか」

    残り1974文字(全文2249文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット