教養・歴史書評

『肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行』 平松洋子著 文藝春秋 1500円

    『肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行』 平松洋子著 文藝春秋 1500円

     食にこだわり続ける著名エッセイストの最新作は羊や牛、鹿など10種類の肉の生産現場を全国で密着取材した異色のノンフィクションだ。畑を荒らす猪(いのしし)を害獣から特産品に変え、地域の活性化を果たした島根県美郷町など、実に多くの人たちが生き物を“無駄なく生かし切る”ことにこだわり、品質や味を高めようと日々努力を重ねて挑戦している姿を紹介。まさに生産者の汗と魂が込められた「ソウルミート」の名にふさわしく、純粋に感動を覚える。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット