教養・歴史書評

『脱成長』 セルジュ・ラトゥーシュ著 白水社 文庫クセジュ 1200円

    『脱成長』 セルジュ・ラトゥーシュ著 白水社 文庫クセジュ 1200円

     脱成長運動を導いてきた研究者が、その趣旨をまとめ、誤解や批判にこたえた。長年の研究の集大成ながら、端的にかみくだいたコンパクトな書だ。代表的な批判は「先進国は既に脱成長で失業が起きている」というものだが、景気後退やマイナス成長と脱成長を同一視しないよう注意を促す。脱成長とは、生産力至上主義、消費社会からの脱却であり、価値観を転換する挑戦なのだ。「持続可能な開発」を欺瞞(ぎまん)と批判し、生態的限界を認識するよう促す。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事