教養・歴史書評

続々と姿消す出版社PR誌=永江朗

     出版社のPR誌が好きだという読書家は多い。筆者も中学生のとき、岩波書店の『図書』を定期購読して以来、さまざまな出版社PR誌を愛読してきた。PR誌にはその出版社から出る本の書評や著者インタビューなどのほかエッセーや小説なども載る。広告も自社のものだけでなく、他社のものも載るのは、ちょっと奇妙かもしれない。ANAの機内誌にJALの広告が載ったり、トヨタ自動車のPR誌にホンダの広告が載るなんて考えられない。こういう大らかさが出版界のいいところだと思う。

     以前、筑摩書房の編集者だった松田哲夫さんに「PR誌は売り上げや返品率を気にしないですむので、作るのが楽しい」と聞いたことがある。松田さんはPR誌『ちくま』の編集長も兼務していたことがあった。『ちくま』の連載からは、赤瀬川源平『老人力』のようなベストセラーも生まれている。

     PR誌には書籍にするための連載場所という役割もある。拙著『セゾン文化は何を夢みた』も朝日新聞出版のPR誌『一冊の本』の連載が元。いっこうに原稿が進まない私に業を煮やした編集者が「連載場所を確保したので、すぐ書いてください」と迫ったのだ。もっとも、拙著は『老人力』のような大ヒットとはいかなかったけれども。

     ところが、このPR誌も少しずつ姿を消している。売り上げや返品率は関係ないけれどもコストはかかるのだ。2020年の春にはダイヤモンド社が『経』を3月号で休刊し、小学館は11月に『本の窓』を紙からウェブ版に移行した。

     講談社は『本』を20年12月号で休刊。1976年創刊で、同誌からは福岡伸一『生物と無生物のあいだ』や原武史『鉄道ひとつばなし』などのベストセラーが出ている。そういえば講談社には『IN★POCKET』というユニークなPR誌もあった。文庫サイズで、内容も文庫に特化し、他社の文庫情報も載せていた。流行語にもなった酒井順子『負け犬の遠吠え』の連載は同誌だったが、18年8月号を最後に休刊している。

     情報発信のあり方が多様化するなか「紙媒体のPR誌としては一定の役割を終えた」と「『本』休刊のお知らせ」にはある。


     この欄は「海外出版事情」と隔週で掲載します。

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事