教養・歴史書評

『多死社会に備える』 長岡美代著 平凡社新書 880円

『多死社会に備える』 長岡美代著 平凡社新書 880円

 先行きの見えないコロナ禍の中で、孤独死や無縁仏の問題が深刻化している。著者は、2025年には介護施設の倒産が加速すること、30年には65歳以上の世帯が約3割を占めることなど、5年おきに訪れる「危機」を整理。避けられない「孤独死」をいかに後悔しないように準備するかを考える。あらかじめ受けたい、もしくは受けたくない治療について書面に記しておく「リビングウィル」の落とし穴や、ケアマネジャーの探し方なども盛り込んでいる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事