教養・歴史書評

『多死社会に備える』 長岡美代著 平凡社新書 880円

    『多死社会に備える』 長岡美代著 平凡社新書 880円

     先行きの見えないコロナ禍の中で、孤独死や無縁仏の問題が深刻化している。著者は、2025年には介護施設の倒産が加速すること、30年には65歳以上の世帯が約3割を占めることなど、5年おきに訪れる「危機」を整理。避けられない「孤独死」をいかに後悔しないように準備するかを考える。あらかじめ受けたい、もしくは受けたくない治療について書面に記しておく「リビングウィル」の落とし穴や、ケアマネジャーの探し方なども盛り込んでいる。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事