教養・歴史書評

『にほんでいきる』 毎日新聞取材班編 明石書店 1600円

    『にほんでいきる』 毎日新聞取材班編 明石書店 1600円

     2020年度新聞協会賞、19年度日本新聞労働組合連合ジャーナリズム大賞優秀賞をW受賞したキャンペーン報道を書籍化。小中学校に通っているかどうか分からない「就学不明」の外国籍児は、国内に1.6万人──。取材班の自治体アンケートで明らかになった数字は、外国籍児の学ぶ権利の乏しさを表していた。学べない子どもたちは、どんな状況下に置かれているのか。かき消されそうな小さな声に耳を傾け、異国で生きるリアルな姿を浮き彫りにする。(S)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事