教養・歴史書評

『人類はふたたび月を目指す』 春山純一著 光文社新書 780円

    『人類はふたたび月を目指す』 春山純一著 光文社新書 780円

     米国が人類を月に送り込んでから半世紀。日本の宇宙開発の第一人者が、今また多様な国や民間企業が月を目指している激しい競争の最前線を紹介する。月面の水の有無を突き止めようと各国がしのぎを削る中、著者が開発を率いた衛星の地形カメラが世界で初めてクレーターの中の影を詳細に撮影、大きな発見につながった話など、真の姿に肉薄する過程はめっぽう面白い。月面開発で地球に先駆けた社会を構築できる可能性があるとの予測に夢を感じる。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事