経済・企業キリンを作った男・前田仁

「スーパードライ」はなぜ大ヒットしたのか 酒屋へのアポ無し営業を繰り返した「外様社長」の執念と行動力

故・樋口広太郎(1999年2月26日撮影)
故・樋口広太郎(1999年2月26日撮影)

苦境にあえいでいたアサヒに、旧住友銀行から新しい社長が送り込まれる。

それが樋口廣太郎だった。

もともと、アサヒ再建より、後始末のために送り込まれた樋口だったが、自身もどぶ板営業を嫌がらず、とうとう「スーパードライ」というメガヒット商品を生みだす。

アサヒはなぜ、時代の変化に敏感であることができたのか。

「ハートランド」「一番搾り」ほか、さまざまなヒット商品を開発し、キリンビバレッジ社長に上り詰めた前田仁氏の逸話を、ジャーナリストの永井隆氏が語り継ぐ本連載。

第8回目は、キリンのはるか後塵を拝していたアサヒが、「スーパードライ」を投入したいきさつを語る。(前回はこちら)

残り3634文字(全文3917文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事