教養・歴史書評

『さよなら、男社会』 尹雄大著 亜紀書房 1540円

『さよなら、男社会』 尹雄大著 亜紀書房 1540円

 女性蔑視発言を問題視された人が謝罪する時の開き直り。周りで眺める人が発する中立性を装った提案。女性差別が取り沙汰されることに対するいらだちを気心の知れた仲間で共有する安らぎ。それらはどこから生まれるのか。著者は自身の50年の人生を振り返り、男に生まれた人が、男性中心の社会で身につけていく思考様式を明らかにする。力に従い、弱さを否定するがゆえ、感情や感覚を忌避する。それが論理性の正体だが、生き方の一つに過ぎないのだ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事