週刊エコノミスト Online密にならないレジャー

1日数千円でボートをレンタル 非日常のマリンライフを手軽に体験=春日井章司

    レンタルボートから眺める横浜の景色
    レンタルボートから眺める横浜の景色

    マリンレジャー 1日数千円でボートをレンタル 非日常を手軽に体験できる=春日井章司

    近年のアウトドアブームと2020年からのコロナ禍により、マリン市場が活気づいている。(密にならないレジャー)

     特に人気なのが、ボートのレンタルサービスだ。全国のマリンクラブを運営するマリーナ(停泊所)でサービスに入会するとボートを借りることができるもので、購入することなく気軽に家族や友人と釣りやクルージングを楽しめる。日本マリン事業協会(JMIA)の発表によれば、今年に入ってレンタルサービスの入会者は激増しており、前年比で17%増と、過去最高を記録している(図)。

     ボート免許を取得して3カ月目という都内在住のAさんは、東京湾の2カ所のマリーナで、ヤマハ発動機が運営するレンタルサービス「シースタイル」を利用。定員6人の小型ボートを6時間、約1万5000円で借りて、台場周辺と横浜みなとみらいでのクルージングを試してみたところ、爽快で楽しい時間を過ごせたという。

    残り2046文字(全文2470文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事