教養・歴史書評

『海がやってくる』 エリザベス・ラッシュ著 河出書房新社 2915円

    『海がやってくる』 エリザベス・ラッシュ著 河出書房新社 2915円

     気候変動によって、フロリダ州をはじめ米国の沿岸部で危機的な状況が訪れているという。温暖化のため海面が上昇し、そもそも脆弱(ぜいじゃく)な土地に暮らす人々ばかりでなく、動植物にもかつてないダメージが懸念されている。どんどん沈んでいくルイジアナ州の島から撤退するネーティブ・アメリカンのコミュニティーの行方は? 加えて洪水やハリケーンの被害もすさまじい。ノンフィクション作家で写真家でもある著者が綿密な調査で世に問うた渾身(こんしん)の一作。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事