【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『海がやってくる』 エリザベス・ラッシュ著 河出書房新社 2915円

『海がやってくる』 エリザベス・ラッシュ著 河出書房新社 2915円

 気候変動によって、フロリダ州をはじめ米国の沿岸部で危機的な状況が訪れているという。温暖化のため海面が上昇し、そもそも脆弱(ぜいじゃく)な土地に暮らす人々ばかりでなく、動植物にもかつてないダメージが懸念されている。どんどん沈んでいくルイジアナ州の島から撤退するネーティブ・アメリカンのコミュニティーの行方は? 加えて洪水やハリケーンの被害もすさまじい。ノンフィクション作家で写真家でもある著者が綿密な調査で世に問うた渾身(こんしん)の一作。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事