教養・歴史書評

『財務省の「ワル」』 岸宣仁著 新潮新書 814円

『財務省の「ワル」』 岸宣仁著 新潮新書 814円

 かつてエリート中のエリートと評されたが近年は不祥事続発で地盤沈下が著しい財務省のキャリア官僚。その生態と出世の条件を、長年取材してきたベテラン記者が解説。政治家や他省庁と交渉することなどから、秀才ではなく遊びもできるしたたかな「ワル」タイプの人材が評価されたと指摘。しかし、その文化が不祥事を生む土壌になったと分析する。非効率な長時間労働を嫌がり若い人が定着しない潮流を変えようともがく上層部の姿は悲痛だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事