教養・歴史書評

『悲劇の世界遺産』 井出明著 文春新書 1210円

『悲劇の世界遺産』 井出明著 文春新書 1210円

 世界遺産は、地域にとって誇らしく観光の起爆剤になると期待される。だが、本来の価値は戦争や虐殺、人身売買、強制労働といった負の歴史を含み多面的だ。著者は国内外の事例を挙げ、日本の産業遺産が近代化の影を捉えていないことや、価値判断がその実、西洋の文明観に基づくことを指摘する。悲劇の場所を巡るダークツーリズムは、現地で真実性に近づき思索を深めることが本質だというから、観光客と観光地の双方にとって旅の可能性が広がる。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事