教養・歴史書評

『ネルソン・マンデラ』 堀内隆行著 岩波新書 880円

    『ネルソン・マンデラ』 堀内隆行著 岩波新書 880円

     獄中生活27年を経て南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ。アパルトヘイト撤廃への尽力によって、聖人君子の印象を持たれている。しかし著者は、彼はいたって冷静な現実主義者であったと分析する。その生い立ちや教育過程などを探り、厳しい現実をしっかり見据える力をどのように獲得していったかが語られる。そして偏狭なナショナリズムによる世界の分断が進む今こそ、「和解」を成し遂げたマンデラに学ぶべしと結論する。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事