教養・歴史書評

『ナラティブ経済学』 ロバート・J・シラー著 東洋経済新報社 3080円

    『ナラティブ経済学』 ロバート・J・シラー著 東洋経済新報社 3080円

     市場の不合理性の研究で2013年にノーベル賞を受賞した経済学者が、その不合理性をマクロ経済に広げて論じる。バブルや恐慌などの経済的事象は「ナラティブ」(「物語」「話術」を意味する英語)との相互作用と捉え、大恐慌からビットコインまでの経過をたどる。ナラティブとは「持ち家は成功の証」「機械が人間の仕事を奪う」といった物語であり、ナラティブを理解して経済学を開かれたものとするには人間の思考や物語を分析する人文学の知見が有効と説く。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事