【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『ナラティブ経済学』 ロバート・J・シラー著 東洋経済新報社 3080円

『ナラティブ経済学』 ロバート・J・シラー著 東洋経済新報社 3080円

 市場の不合理性の研究で2013年にノーベル賞を受賞した経済学者が、その不合理性をマクロ経済に広げて論じる。バブルや恐慌などの経済的事象は「ナラティブ」(「物語」「話術」を意味する英語)との相互作用と捉え、大恐慌からビットコインまでの経過をたどる。ナラティブとは「持ち家は成功の証」「機械が人間の仕事を奪う」といった物語であり、ナラティブを理解して経済学を開かれたものとするには人間の思考や物語を分析する人文学の知見が有効と説く。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事