教養・歴史書評

『ウミガメは100キロ沖で恋をする』 菅沼弘行著 方丈社 1650円

    『ウミガメは100キロ沖で恋をする』 菅沼弘行著 方丈社 1650円

     絶滅の危機に瀕(ひん)するウミガメを救おうと世界の熱帯を回る著者。半世紀近く重ねてきた生態調査などの経験の貴重な記録で、人間には「保護」できるほどの知識も能力もないと指摘。広く行われている卵の移植は効果なしと断じるなど、さまざまな誤解を否定し、ウミガメのライフサイクルに人が関わらない「保全」こそが重要と主張する。現地で卵の盗掘人を自腹で監視人に雇うなど、一見型破りだが地道な活動がウミガメの苦境を打開すると信じたい。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事