教養・歴史書評

『新聞記者、本屋になる』 落合博著 光文社新書 1034円

    『新聞記者、本屋になる』 落合博著 光文社新書 1034円

     本屋さんになる。そんな本好きの究極の夢をかなえた元新聞記者の奮闘記だ。開業した理由を「よく分からない」と言う著者。しかし、売れ筋ではなく賞味期限が長い本を重視し、読者向けイベントを開催し続ける。奇をてらわずマイペースだがこだわり満載の商売ぶりが素敵な店舗のたたずまいに凝縮されているようで納得。実体験から出る「書店を始めるのは準備が大事。試合が始まる前にほぼ勝敗は決まっている」とのアドバイスが印象的だ。(W)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事