【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『新聞記者、本屋になる』 落合博著 光文社新書 1034円

『新聞記者、本屋になる』 落合博著 光文社新書 1034円

 本屋さんになる。そんな本好きの究極の夢をかなえた元新聞記者の奮闘記だ。開業した理由を「よく分からない」と言う著者。しかし、売れ筋ではなく賞味期限が長い本を重視し、読者向けイベントを開催し続ける。奇をてらわずマイペースだがこだわり満載の商売ぶりが素敵な店舗のたたずまいに凝縮されているようで納得。実体験から出る「書店を始めるのは準備が大事。試合が始まる前にほぼ勝敗は決まっている」とのアドバイスが印象的だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事