教養・歴史書評

『目の見えない白鳥(しらとり)さんとアートを見にいく』 川内有緒著 集英社インターナショナル 2310円

『目の見えない白鳥(しらとり)さんとアートを見にいく』 川内有緒著 集英社インターナショナル 2310円

 全盲の白鳥さんは絵画などを鑑賞するため頻繁に美術館を訪れ、言葉で説明してもらい概念として作品を理解するという。そんな彼に関心を持ち同行し続けた著者が、美術と向き合う意味などを改めて考えた。彼に作品の内容を口頭で伝えるうちに感じ方は人それぞれで、他の人の気持ちを完全に理解するのは不可能で寄り添うしかないことに気づく。多様性の意味や障害、差別にも思いをはせる。視野を広げてくれる示唆に富んだ貴重な探究の記録だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事