教養・歴史注目の特集

実像はこんなに違う戦国武将たち=和田肇

     経済環境が激変するなか、今の時代を生きづらいと感じる日本人も増えてきているのではないだろうか。一方で、近年は空前の歴史ブームといわれる。なぜ人々は、歴史に引き付けられるのだろうか。

     小説や映画、マンガの歴史モノでも特に人気が高いのは戦国時代だ。歴史学の世界では「戦国時代全体の解明を進める中で、戦国大名をとらえ直す研究が主流になっている」(柴裕之・東洋大学文学部非常勤講師)という。そして「研究を通じて、私たちがイメージしている戦国大名とは、全く異なった実像が浮かび上がっている」という。

    驚きの実像が次々と

     この特集では、現代にも共通する社会課題・現象と関連する人物として、(1)北条氏、(2)今川家の寿桂尼(じゅけいに)、(3)織田信長、(4)明智光秀――の4人を取り上げた。

     北条早雲(ほうじょうそううん)に始まる北条氏は、日本史上初めて「民の安泰」を政治スローガンに掲げ、領民の負担を軽減。5…

    残り236文字(全文636文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事