【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online

「ウクライナは滅びず」を歌う 横濱シスターズの動画が反響〈サンデー毎日〉

左からMIWAさん、AIさん、MAHOさん
左からMIWAさん、AIさん、MAHOさん

 ロシアの暴挙に痛めつけられるウクライナのために何かできないか。多くの日本人が考える中、女性3人のボーカルグループ「横濱シスターズ」が歌うウクライナ国歌の動画が、ウクライナ国民から大きな反響を呼び、3月10日時点で約49万回も再生された。6日の配信ライブではウクライナ民謡「コサックはドナウを越えて」も歌った。

 グループは横浜市を拠点に活動するMAHO、MIWA、AIさんの3人組。R&B、昭和歌謡、ハワイアンなど幅広いレパートリーをもつ。2018年から始めた世界の国歌を歌う企画は、グループのライフワークでもあり、これまで34カ国の国歌を動画にアップしている。

 ウクライナ国歌「ウクライナは滅びず」は一昨年、横浜市とウクライナのオデッサ市が姉妹都市提携55周年を迎えたのを機に、レパートリーへ加えようとした。しかし、ウクライナ語の発音をチェックしてもらえる人が見つからずアップを保留していたが、ウクライナに迫る危機に「今届けなくては。ウクライナの人にぜひ聴いてもらいたい」と、急きょ2月15日にユーチューブにアップした。

 すると、オデッサ市のホームページなどが取り上げ、7日までに6000件以上のコメントが寄せられた。「今、真っ暗な地下で動画を見ています。光がないのであなたたちの歌が光の代わりです」「ほかの国の人が歌ってくれることがうれしい」などの言葉がウクライナから届いた。ロシアからも「今回のことは恥ずかしく悲しい」というコメントが寄せられた。

 ウクライナからのコメントには徐々に緊迫したものが目立ってきたという。「『自分には今死が迫っている。小さいころから日本の文化が大好きなので、生き残ったら札幌や横浜に行ってみたい』といった言葉には悲しくなりました」とリーダーのMAHOさん。ロシアの国歌も歌ってきた3人。国歌を歌うことで望むのは、ただ平和だという。

 3月25日には東京都中央区のKen's Bar京橋店(03-6869-7887)でライブ。国歌も披露する。

 (川井龍介)

「サンデー毎日3月27日増大号」表紙
「サンデー毎日3月27日増大号」表紙

 3月14日発売の「サンデー毎日3月27日増大号」には、ほかにも「超速報! 東大・京大 国公立前期 合格者高校別ランキング」「アイドルが語る『僕が学び続ける理由』 薮宏太 浮所飛貴」「ウクライナ危機!寺島実郎の全面分析 日本の民主主義よ 専制、ポピュリズムの罠に陥るな」などの記事を掲載しています。

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事