資源・エネルギー

電力危機を商機にする企業の取り組み

 電力不足が日本を襲っている。オイルショック以来の危機だ、との声もある。が、ピンチはチャンス。商機をものにしようとする企業の取り組みを追った。

 

 風力発電は陸上、洋上ともに新たな動きが矢継ぎ早に出てくる。そこにチャンスを見いだした企業は?>>>記事はこちら

 

 企業と家庭を対象に「報酬型デマンドレスポンス(DR)」が始まった。電力逼迫時の節電要請に応じるとポイントが付与される新サービスだ。>>>記事はこちら

 

 ガソリンスタンド業界は、少子高齢化と人口減による自家用車の減少に、EV比率の上昇というダブルパンチを浴び、ビジネスモデルの転換を迫られている。>>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事