教養・歴史書評

『わたしの心のレンズ 現場の記憶を紡ぐ』 大石芳野著 インターナショナル新書 990円

『わたしの心のレンズ 現場の記憶を紡ぐ』

 大石芳野著 インターナショナル新書 990円

 ベトナム、カンボジア、アウシュビッツ。そして広島、長崎、沖縄。写真家である著者は、半世紀にわたり、戦争の悲劇に襲われた地に足を運び、撮影してきた。本書はコロナ禍の現在を「歪んだ日常」と表現してその考察から始まる。そしてベトナムをはじめ戦禍の不条理と被爆者を考えることで「戦争の終わりとは何か」を考え、最終章ではニューギニアの地とともに本当の共生と共存に思いをはせる。それぞれの現場に立った記憶が語らせる本だ。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事