教養・歴史書評

『韓国文学の中心にあるもの』 斎藤真理子著 イースト・プレス 1650円

『韓国文学の中心にあるもの』

斎藤真理子著 イースト・プレス 1650円

 韓国文学への注目が高まっている。本書は、翻訳者が読書案内の形をとりながら韓国の歴史・社会を知る扉を開けてくれる。女性の置かれた社会的不平等が日本に通じるとしてベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』から「文学の背骨に溶け込んだ朝鮮戦争」まで時代をさかのぼる。朝鮮戦争が舞台の小説に接した日本の作家・中上健次は「なんでこんな大事な大きな悲劇を知らなかったんだろう」と述べたという。本書を読んで同じことを思った。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事