教養・歴史書評

『世界はさわらないとわからない』 広瀬浩二郎著 平凡社新書 1034円

『世界はさわらないとわからない』

広瀬浩二郎著 平凡社新書 1034円

 自らを「座頭市流フィールドワーーカー」と称する著者は、13歳の時に失明。その後、筑波大学付属盲学校から京都大学に進み、「触」をテーマにさまざまな実践的研究やイベントに取り組んできた。本書は、その活動の集大成ともいえる「ユニバーサル・ミュージアム—さわる! “触”の大博覧会」(2021年9〜11月)の成果をベースに展開。全盲の文化人類学者が、新型コロナウイルス禍という「さわれない時代」に改めて「さわる」ことの無限の可能性を問う。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事