教養・歴史書評

『ユーラシア・ダイナミズムと日本』 渡邊啓貴監修、日本国際フォーラム編 中央公論新社 2970円

『ユーラシア・ダイナミズムと日本』 渡邊啓貴監修、日本国際フォーラム編 中央公論新社 2970円

 ロシアのウクライナ侵攻で国際秩序が揺らぐ中、日本外交の新たなあり方を問う。カギとなるのが、中国からインド、中東を経て欧州に至るユーラシア大陸という。背景はもちろん中国の台頭だが、地球温暖化で北極海航路が誕生し、その大部分に接するロシアの影響も無視できない。最悪のシナリオは、日本の頭越しの米中接近で、日本が両国の「従属変数」となることだ。そうならないためにも、ユーラシア外交を活性化し、外交の選択肢を増やす必要性を強調する。(I)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事