教養・歴史書評

『経済学の壁』 前田裕之著 白水社 2420円

『経済学の壁』 前田裕之著 白水社 2420円

 経済学者の見解や政策提言はもっともらしく、あるいは何かを切り捨てるように聞こえる。そこには暗黙のうちに置かれた所属学派の前提がある。例えば「人間は合理的に選択し行動する」のような。一言で経済学といっても、主流を占める学派のほかに多様な学派が存在する。長年、経済紙記者として経済学界を取材してきた著者は、部外者ならではの視座で各学派の根っこと相互関係をたどる。この見取り図があれば、学者の発言を客観視できるだろう。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事