教養・歴史書評

『工藤會事件』 村山治著 新潮社 1815円

『工藤會事件』 村山治著 新潮社 1815円

 北九州市で悪事を尽くし、市民も容赦なく攻撃する指定暴力団・工藤會。暴走に歯止めを掛けようとタッグを組んだ警察と検察の苦闘をベテラン記者が生々しく再現した。刑事や検事たちはまさに命を張り、組員や元組員、被害者から貴重な証言や証拠を得ようと血のにじむような捜査を続け、紆余(うよ)曲折を乗り越えて最高幹部の摘発を成し遂げた。礼賛一辺倒ではなく調整不足や判断ミスなど警察と検察の犯した失態も明らかにする公正で貴重な記録だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事