教養・歴史書評

『鉄道ビジネスから世界を読む』 小林邦宏著 インターナショナル新書 858円

『鉄道ビジネスから世界を読む』 小林邦宏著 インターナショナル新書 858円

 新たなビジネスの舞台として中国が、欧州連合(EU)が、鉄道に熱いまなざしを送っていると著者は言う。背景には「脱炭素」が世界的なテーマになり、「陸路の輸送なら自動車よりも鉄道の可能性を再考すべきではないか」という論調があるようだ。本書は果敢に鉄道ビジネスに挑む中国のさまざまな動きを中心に現況を解説、日本の乗り遅れを指摘するとともに、今後、一個人としてビジネスマンがどう世界の潮流を読むべきか、自身の経験を踏まえて提言する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事