教養・歴史書評

『自治体と大学』 田村秀著 ちくま新書 990円

『自治体と大学』 田村秀著 ちくま新書 990円

 シンプルかつ直截(ちょくせつ)なタイトルだ。この両者の関係が吉と出るか凶と出るか、いずれの可能性もあり得る。自治体に大学があれば地域活性化のきっかけにできるチャンスだが、同時に財政負担がのしかかってくる側面もある。公立大学に関する著作を経てさらに国立大、私立大まで研究領域を広げた著者が、自治体と大学の関係をめぐる歴史的変遷をたどり、人口減少によりいずれも縮小を余儀なくされることが確実な両者の望ましい協働の可能性を探る。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事