教養・歴史書評

『日本の消費者はどう変わったか』 野村総合研究所 松下東子、林裕之著 東洋経済新報社 2200円

『日本の消費者はどう変わったか』 野村総合研究所 松下東子、林裕之著 東洋経済新報社 2200円

「これから景気が悪くなる」と予測する人が、2018年の19%に対し、21年は46%に急増。余暇の過ごし方として家庭内のゲーム・動画鑑賞が伸びるのと反比例するように国内旅行を選ぶ人はこの3年で明らかに減少。1997年にスタートし、以降3年ごとに行われてきた野村総合研究所の「生活者1万人アンケート調査」の最新結果だ。コロナ前の18年と後の21年では、消費者の意識と行動がどう変化したのか、豊富なデータとともに具体的に示す。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事