週刊エコノミスト Online

環境激変でも成長できる企業とは

 日本企業は30年ぶりの超円安と物価高という外的環境の変化への対応を迫られている。今後も継続して成長を見込める強い企業の条件を探った。

 

 日本の消費者物価が上がっている。上昇率は30年11カ月ぶりの大きさだ。円の価値は落ちている。ニューヨークでは一時1ドル=149円台。32年ぶりの円安だ。こうした環境の激変が賃上げ圧力を強め、日本企業の底力が試されている。>>記事はこちら

 

 過度で急激な円安は、業績予想に織り込まれていない。為替差益による業績上振れが予想される企業を抽出してみた。>>記事はこちら

 

 物価高で賃上げ圧力が高まっても、現実に賃上げできるのは業績の良い企業だけだ。逆に言えば、賃上げに積極的な企業ほど業績に期待が持てる。そんな会社をピックアップしてみた。>>記事はこちら

 

 米国の金利上昇に伴う株価下落局面においても株価騰落率がプラスだった企業は、それだけ実力があると言えるのではないか。>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事