国際・政治ワールドウオッチ

シドニー中央駅の上で再開発計画開幕 守屋太郎

計画では時計台の目の前に人工地盤が建設される 筆者撮影
計画では時計台の目の前に人工地盤が建設される 筆者撮影

 豪東部シドニーのセントラル駅(中央駅)で、ユニークな再開発事業が計画されている。

 地元州政府が発表した青写真によると、中央駅の線路およびホーム上空の24万平方メートル(東京ドーム約5個分)に人工地盤を構築し、超高層ビル街や研究施設、スタートアップ拠点などを建設。線路で東西に分断されていた周辺地区を一体化して整備するという。中央駅はシドニー市中心部の南側に位置し、1日約23万人と国内最大の乗降客数を誇り、郊外や近隣の地方都市を放射状に結ぶ交通…

残り336文字(全文559文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事