投資・運用

資産を守るために今すべきこと

 現金の価値が目減りするインフレ時代に突入した。資産を守るにはどうすべきなのだろうか。現金の預け先は? 望ましい投資先は株なのか、債権なのか、それとも――

 

 外貨預金は年利が円建て定期の3000倍にもなる米ドル建ても登場して、人気が急上昇している。しかし、来春の日銀総裁交代などで円高へ転換する可能性は否定できず、先を見越したバランスのいい投資を心がけるべきだ。>>記事はこちら

 

 個人向け国債「変動10年」に適用される金利が今年に入ってじわじわ上がっている。>>記事はこちら

 

 伝統的インフレ対策として金を買うのと同様、現在は個人投資家にも貴金属やエネルギー、農産物に投資する動きが広がっている。インフレ沈静化の一方で景気後退となれば値崩れのリスクもあり、見極めが必要だ。>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事