教養・歴史書評

『「おいしい」を経済に変えた男たち』 加藤一隆著 TAC出版 1760円

『「おいしい」を経済に変えた男たち』 加藤一隆著 TAC出版 1760円

 吉野家、ロイヤルホスト、モスバーガー、グリーンハウス、ハングリータイガー、サイゼリヤ。いずれも誰もが知る外食チェーンだ。本書は、一般社団法人日本フードサービス協会顧問を務める著者が、これらチェーン店の創業者に迫り、過酷な資本主義市場の中でいかにして継続することができたのかを探る。実は魚河岸の小さな店舗からスタートし、やがて牛丼を国民食にまで育てた吉野家の松田瑞穂氏をはじめ、各創業者の業績からビジネスを学びたい。(K)


週刊エコノミスト2022年11月22日号掲載

『「おいしい」を経済に変えた男たち』 加藤一隆著 TAC出版 1760円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事