【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『ステークホルダー資本主義』 クラウス・シュワブ、ピーター・バナム著 日経ナショナル ジオグラフィック 2640円

『ステークホルダー資本主義』 クラウス・シュワブ、ピーター・バナム著 日経ナショナル ジオグラフィック 2640円

 タイトルは、企業活動を通してあらゆる利害関係者(ステークホルダー)への貢献をめざす長期的企業経営を指す。世界経済フォーラム(WEF)の創設者兼会長であるクラウス・シュワブ氏らが執筆する本書では、気候変動危機や所得格差の拡大、国家間の分断など資本主義が抱える多くの課題を丁寧に検討。そしてそれらを克服し、持続可能な社会と地球を構築するグローバルな経済システムとしてのステークホルダー資本主義の概念を解説する。(K)


2022年11月29日号掲載

『ステークホルダー資本主義』 クラウス・シュワブ、ピーター・バナム著 日経ナショナル ジオグラフィック 2640円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事