教養・歴史書評

『歴史から学ぶ相続の考え方』 神山敏夫著 集英社新書 1078円

『歴史から学ぶ相続の考え方』 神山敏夫著 集英社新書 1078円

 相続と聞けば、自動的に「争い」という言葉が喚起されてしまうほどに、我々の社会では相続=争族のイメージができあがっている。世に問題解決のためのハウツー本があふれるゆえんだが、本書は、相続とは何か、抜本的に考えてみようではないかと呼びかける。そのために本書が参照するのは歴史。卑弥呼の昔からハンムラビ法典、そして徳川家康から田中角栄まで相続をめぐる先人たちの足跡をたどり、豊かな未来を築くための相続について考えていく。(K)


週刊エコノミスト2023年1月31日号掲載

『歴史から学ぶ相続の考え方』 神山敏夫著 集英社新書 1078円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事