経済・企業

“賃上げ”と“同一労働同一賃金”はワンセット

 今年の日本経済の最大争点「賃上げ」は「同一労働同一賃金」原則の浸透とワンセットでもある。正社員対非正規社員、「働き盛りなのに賃金が低い若者」対「働かないのに給料が高い中高年」などの対立構造を通じて、日本の「正社員中心主義」を根底から揺さぶることにも留意が必要だろう。

※特集「賃上げサバイバル」(1月30日全編公開)の一部を先行公開しています。 

 物価上昇率を上回る賃上げをどう実現するのか、担当大臣に聞いた。>>記事はこちら

 

 賃上げの問題は働き方改革と表裏一体である。これまでの正社員中心ではなく、多様な働き方で生産性を高めることが求められている。>>記事はこちら

 

 外資系企業の進出により、労働需給が逼迫することが賃上げのきっかけとなっている。>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月3日号

金利ある世界18 長期金利の居場所の探り合い 10年国債が主役に復活する日■稲留克俊21 絶えざる資産インフレとデフレ■水野和夫22 ドル・円 米金利上昇で景気失速、金利低下 1ドル=130円の円高を目指す■吉田恒24 日本株 企業に生じた「インフレ利得」 「マイナス金利」が追い風に■黒瀬浩一27 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事