経済・企業特集

商社 不思議2 “格上げ”相次ぐ 財務規律の姿勢鮮明に 成長投資は保守的に=種市房子

    5大商社で格付け・見通し引き上げが目立つ
    5大商社で格付け・見通し引き上げが目立つ

     最近1年間で、商社は、格付けやその見通しの引き上げ・上方修正ラッシュを迎えている。象徴的だったのは、伊藤忠商事の長期格付けだ。S&Pグローバル・レーティングスが今年7月、Aマイナスから1段階上げてAに、ムーディーズがBaa1からA3に1段階上げたのだ。

     伊藤忠は、中国国有複合企業・中国中信(CITIC)へ6000億円も投資したにもかかわらず、相乗効果が出ていないと指摘されており、財務基盤への不安が指摘されていた。それにもかかわらず格上げした理由について、S&Pは「保守的な投資方針と財務規律を継続する姿勢を明確にしている」と説明する。S&Pが評価しているのは、伊藤忠が5月に発表した中期経営計画(2020年度まで)で「株主還元後の実質フリー・キャッシュフロー(純現金収支)の黒字継続」と明記していることだ。

     商社は資源、農業・穀物事業の巨額投資が裏目に出た2010年代半ば、低格付けにあえいできた。理由の一つは、有利子負債を抱えながら巨額投資したのにもかかわらず、十分なリターンが得られないことだった。また、資源事業を中心に、資産の大型減損リスクがあるのにもかかわらず、それを埋め合わせる資本が十分でないとみなされていた。格付けは債券の元本支払い能力を評価するもので、商社にとっては低いほど資金借り入れ条件…

    残り749文字(全文1305文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット