投資・運用

掛け捨てで保険料大幅ダウン 長寿化反映し、11年ぶり改定=向山勇 保険見直し大作戦 

    PDFはこちらをクリックしてください

     生命保険の保険料が大きく下がっている。特に、掛け捨ての死亡保障である定期保険(保険期間が一定の死亡保険)や収入保障保険(死亡時には満期まで毎月定額が支払われる死亡保険)では、いま保険を見直すと、保険料が累計で数十万円もトクをする可能性がある。長寿化によって死亡率が下がったことで、生命保険料計算の基となる「標準生命表」が今年4月、11年ぶりに改定され、保険料が大きく引き下げられたからだ。

     例えば、現在40歳の男性が5年前に、死亡保険金が満期まで月額10万円もらえる収入保障保険に加入していると、毎月の保険料は3500円。同じ条件でいま加入し直すと月額3080円になる。月額では420円の軽減に過ぎないが、年間にすると5040円、退職する65歳まで今後、25年間に支払う保険料総額でみれば、約13万円の差となる。同様に現在45歳男性のケースでは、今後20年間で約31万円の軽減になる計算だ…

    残り1968文字(全文2381文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事