国際・政治特集

「人民元建て」“ペトロダラー”に風穴=柴田明夫 新冷戦とドル・原油・金

    石油消費大国になった中国は独自の原油指標を打ち出した(中国石化〈シノペック〉のガソリンスタンド)(Bloomberg)
    石油消費大国になった中国は独自の原油指標を打ち出した(中国石化〈シノペック〉のガソリンスタンド)(Bloomberg)

     中国政府は2018年3月、上海市場で原油先物市場を開放し、人民元建ての原油先物取引をスタートさせた。中国が外国人投資家に「コモディティー・デリバティブ(商品先物市場で取引される金融派生商品)」を認めたのは初めてのことだ。

     中国に拠点を持たない海外投資家が、元建ての原油先物取引で得た利益には当面課税しないなど、幅広く海外勢を取り込むための税制優遇も導入している。

     海外の個人投資家に対しても3年間、課税を見送る方針だ。中国はすでに米国を抜いて世界最大の1次エネル…

    残り3206文字(全文3438文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月22日号

    騒乱相場18 荒れる株式市場 揺らぐFRBの信認 ■浜田 健太郎20 バブルでしか成長できない世界経済 ■水野 和夫21 危機の核心 トランプ・バブル終わりの始まり 世界経済後退への耐性なき日本 ■寺島 実郎2019投資戦略 ストラテジストの目23 介護・中小型自社株買いに勝機 ■大川 智宏26 配 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット