国際・政治特集

「人民元建て」“ペトロダラー”に風穴=柴田明夫 新冷戦とドル・原油・金

    石油消費大国になった中国は独自の原油指標を打ち出した(中国石化〈シノペック〉のガソリンスタンド)(Bloomberg)
    石油消費大国になった中国は独自の原油指標を打ち出した(中国石化〈シノペック〉のガソリンスタンド)(Bloomberg)

     中国政府は2018年3月、上海市場で原油先物市場を開放し、人民元建ての原油先物取引をスタートさせた。中国が外国人投資家に「コモディティー・デリバティブ(商品先物市場で取引される金融派生商品)」を認めたのは初めてのことだ。

     中国に拠点を持たない海外投資家が、元建ての原油先物取引で得た利益には当面課税しないなど、幅広く海外勢を取り込むための税制優遇も導入している。

     海外の個人投資家に対しても3年間、課税を見送る方針だ。中国はすでに米国を抜いて世界最大の1次エネルギー消費国であり原油輸入国だ。その最大の消費国としての立場から価格形成を巡る影響力を拡大し、「ドル一辺倒」の原油取引に風穴を開けるという狙いが見えてくる。

    残り3129文字(全文3438文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事