テクノロジー治る バイオ薬&遺伝子・再生医療

血管新生の遺伝子薬承認へ 白血病治療のCAR-Tも=下桐実雅子/村田晋一郎

    日本の主な次世代バイオ医薬品
    日本の主な次世代バイオ医薬品

    詳しくはこちら

     これまでにない新しいタイプの薬や治療が、国内で次々登場しそうだ。

     2月20日、厚生労働省の専門部会で了承されたのは、体内に遺伝子を入れる遺伝子治療で、創薬ベンチャー「アンジェス」の注射剤「コラテジェン」だ。3月中にも正式承認される見通しだ。遺伝子治療用製品では国内初となる。

     対象は、動脈硬化で足の血管が詰まる「閉塞性動脈硬化症」などで、患者数は増えている。この治療を受けられるのは、薬が効かず手術もできない重症患者。血流が滞れば、足が壊死(えし)する恐れもある。患部に血管を作り出す働きのあるHGF遺伝子を注入することによって、細胞に取り込まれて血管を新生する。田辺三菱製薬が販売を担当する。

     ただし、承認は5年の期限付き。販売後も使用した全患者について有効性や安全性を評価し、十分な症例数が…

    残り1548文字(全文1903文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット